FXで勝つための環境認識は2つ【トレーニングすればOK】

環境認識知識・ルール

環境認識についてこうツイートしました。

環境認識の2つの方法

①マルチタイムレートを使用した売買
→上位足から下位足を見る方法

②複数の通貨を比較し強弱による売買
→例えばUSDJPY,GBPJPY,GBPUSDの3通貨を見て弱い通貨を売り、強い通貨を買う方法

②の方法はあまり知られていない予感。環境認識についてブログで解説します😌

このツイートを深掘りする前に…

FXトレードで全然勝てない。

どうしてだろう。

利益は伸ばせないし、損切りした途端に逆行して相場が伸びて悔しい思いをした。

なんていうお悩みはないですか?

私も同じ悩みを抱え、原因追及のため本を読んだりYouTubeを見たりし勉強してきました。

そんな試行錯誤の中、最近になりようやく原因が分かったのです。

それは環境認識ができなていなから起こるのだと。

もし環境認識の力をトレーニングによって鍛えることができればFXで勝つことができるのではないかと考えました。

そして私自身、長きにわたって勝てない期間があったので、同じような状況の方がいれば皆さんと情報共有をし、少しでも勝ちへと近づいてほしいという思いで記事にしました。

この記事をみれば下記の内容がわかります。

  • 環境認識とは何かがわかる
  • 環境認識のトレーニング方法がわかる
  • 環境認識を使ったトレードができる
  • FXのスキルアップにつながる

ぶっちゃけ有料級ですが、少しでもトレーダーとして一緒にレベルアップをしたいという願いから無料ブログで記事を公開します。

私自身トレードをやりはじめた2006年ごろは環境認識という言葉は正直聞いたことがありませんでした。

その後10年以上負け続け、最近になってどうやったら勝てるのかを真剣に考え始めていたところ環境認識の必要性を知りました。

そして環境認識を意識したトレーニングをしてから成績はかなり向上し負けにくくなっています。

いまいち信用できないという方がいたら、ツイッターでトレードの成績公開、先出トレードをやっていますので、覗いてみてください。

少しでも興味があればフォロー&コメントしていただけるとブログ更新のモチベーションになるのでよろしくお願いします。

FXにおける環境認識とは

FXにおける環境認識とは大きな時間を使用した長期足でチャートを見て相場がどちらに動いているのか全体の流れを把握するという技術です。

ことわざにたとえるなら「木(短期足)ばかりを見ず森(長期足)をみる」ということになります。

環境認識のメリット

FXにおける環境認識のメリットは以下の通り。

  • 利益を伸ばすことができる
  • 負けやすいポイントがわかる

それでは環境認識のメリットについて深堀りします。

利益を伸ばすことができる

これは長期足のトレンドに乗ってエントリーするためそのまま大きな動きとなり利益を伸ばせる可能性が高くなります。

負けやすいポイントがわかる

短期足で見ると上昇トレンドが出ているように見えても長期足で見るとレンジ相場の上限だったりということが判断できるようになります。

その場合は、このまま上昇しても、もう少しで長期足のレジスタンスにあたるためロングのエントリーしたらすぐにたたき落とされ負けてしまう。というシナリオを立てることができ損失を回避できます。

これが環境認識のメリットです。

環境認識のやり方/トレーニング方法【初級編】

環境認識のやり方について解説します。

このやり方は長期足から短期足のチャートを見ていけばOKです。

一般的にマルチタイムレート分析なんて呼ばれることもしばしばあります。

初級編なので知っている人は次に読み飛ばしてもらって構いません。

環境認識に使う時間足

私が環境認識使っている時間足を教えます。

週足
日足
4時間足
1時間足
5分足

エントリー時は5分足を使ってエントリーしています。

15分足や30分足でエントリーしている方でも同じように、週足、日足、4時間足を見ればOKです。

要は森を見たいので長期足が見れればいいので、極端な例ですがこんな時間足はNGです。

1時間足
30分足
15分足
10分足
5分足

5分足、10分足、15分足は5分間隔しか空いていません。

この場合、相場全体の森を見ているとは言えないので環境認識ができていない状態です。

これではトレードに活かすことは出来ずなかなか勝つことは難しいかも。

環境認識を使ったトレード方法

結論から言えばすべての時間足が同じ方向に向いているときに同じ方向にトレードすれば良いということなのですが、トレードしてみるとそのような状態はほとんどありません。

年間で数回くらいあるかもですが、自分がチャートを見ているときに、すべての足が揃うことはほとんど無いと思って構いません。

理想のエントリー方法

理想のエントリー方法について。

FX理想のエントリー方法

このようにすべての時間足で同じ方向になったときがトレードチャンスです。

と書きたかったのですが、 先ほども言った通り、すべての時間足で方向が揃うことはほとんどないため良い画像は見つけられなかったです。

たぶんしっかり探せばあるかもですが、割とめんどいのでここでは割愛。

このチャートは日足、5分足上昇。1時間足、4時間足下降となっていて、こういう場合が実際のトレードでは頻発します。

ではこの場合はどうトレードすればいいのかという疑問がわきますよね。

私の場合は以下の通り環境認識を使ってトレードしています。

まず日足平均足を見る

ポイントは日足の平均足を見るということです。

環境認識を使ったエントリーの流れは下記の通り。

  • まず日足平均足を見る
  • その日は日足平均足と同じ方向のみエントリーする
  • その平均足と同じ方向に1時間足がなっているか確認する
  • 1時間が同じ方向なら5分足を見てエントリーする

こんな感じで日足で大きな流れを把握して、1時間足で直近の流れを見つつ、5分足で少しでも有利なところでトレードするように心がけています。

もちろん週足や4時間足のサポレジなんかも意識したりするので、こんなに単純ではなかったりもしますが大まかな流れは以上になります。あと補足ですが、日足と、4時間足とが流れが違っていたらエントリーしないとか、もしエントリーしても流れが逆方向なので利食いの幅をいつもより狭くしたり、損切り幅も厳しくしたりも環境認識時に行います。

環境認識のトレーニング方法

環境認識のトレーニング方法について。

トレーニングのポイント

  • 毎日チャートを見る
  • 同じ通貨で見る

すみません。ポイントというほどでもなく当たり前のことです。

環境認識は毎日チャートを見れば筋トレと同じで徐々に上達してきます。

今はスマホでも高機能なチャートが見れるのですき間時間や外出先でもトレードの筋トレと割り切り毎日確認しトレーニングましょう。

このとき時間足を毎回変えていては意味がありませんから注意してください。

自分がどの時間足を見ていいかわからず、迷っているくらいなら先ほども説明したこの時間足を見るようにしてください。

週足
日足
4時間足
1時間足
5分足

次に同じ通貨を見る必要があります。

これも通貨を変えていてはその通貨の動きを判断することは出来ません。

自分の得意とする通貨を確認してください。

どの通貨をみるべきかわかない場合は、ドル円だけでOKです。

通貨数を広げても最初はうまくできません。

環境認識に慣れるまでは通貨数絞ってトレーニングしましょう。

環境認識には複数のマーケット情報を見る【上級編】

これはどのサイトにも書いていない上級者向けの記事になります。

やり方は複数のマーケットというか通貨ペアを見ます。

例えば米ドル、円、ポンドの3通貨のチャートをみて強弱を判断し弱っている通貨を売り、勢いに乗ってる通貨を買います。

FXのお手本のような教科書にはよくトレンドに沿ってトレードしなさいと書いてあります。

それはトレンドはいったん発生すればしばらく継続するためです。

私たちはそのトレンドにうまく乗ることができれば利益を得ることができます。

そしてそのトレンドが強ければ強いほど多くの利益を得ることができるのでトレンドの強い通貨をみつけトレードしたほうが有利になります。

ではどうやって通貨の強弱を見分けるのでしょうか?

強弱の見分け方

下記の通貨ペアで解説します

  • ドル円(USDJPY)
  • ポン円(GBPJPY)
  • ポンドル(GBPUSD)

ここに出てきている通貨は米ドル、円、ポンドの3通貨になります。

それぞれの通貨のチャートはこちら。

どちらも同じ時間帯の1時間足のチャートです。

クロス円チャート

こちらは4通貨ペア表示されていますが、ドル円とポン円のみ比較するとポン円だけ下げています。

この場合、円が買われポンドが弱っている状態なのでポンドの売りを検討します。

ドル円は逆で円が売られドルが強気の状態です。

この時点で通貨の強弱は
GBP<JPY<USD
となり取引する通貨はGBPUSDが有力となります。

念のためポン円と、ポンドルのチャートを見てみましょう。

ポン円比較チャート

もちろんポン円は下げ方向。そしてポンドルも下げていますが強弱をつけた通りポン円に比べポンドルのほうが大きく下落しているのがチャートからわかります。

よってこの場合はポンドルをショートすれば大きくとれる可能性が高いということです。

これが環境認識の2つ目のテクニックになります。

この環境認識のテクニックをもっと詳しく知りたい方は「ガチ速FX」を読むと理解が深まります。
さらに専用ツールの「天才チャート」がもらえるので手法が固まっていない人は読むべし。

まとめ:環境認識は必須のスキル

環境認識ができるようになるとかなりトレードが楽になります。

逆に言うと環境認識をしないでトレードを勝ち続けるのは不可能かもです。

そのくらい環境認識というのは大事なトレードスキルです。

長期足で大きなトレンドを判断し短期足でトレードをする。

これが環境認識の初級テクニックになります。

毎日同じ通貨のチャートを見続けていれば少しずつ自分の頭でチャートがどうなってくるのかというのが見えてくるようになってきます。

もちろん完ぺきに当てることができれば億トレーダーに成れるわけですがそんなことはありません。

プロトレーダーでも完ぺきに環境認識をしトレードするのは難しいのです。

それでも環境認識をしっかり行うかどうかで、その時のトレードの質が高まり長期的に見れば大きな結果の差とつながることでしょう。

いまいちトレードで勝てないなぁ。という方がいればもう一度環境認識について考えトレード環境を見直してみるといいかもしれません。

上級者向けということで少し難しいかもですが、複数の通貨ペアを利用して弱っている通貨を叩き売る環境認識もマスターすれば、さらに心強いですね。

今回の環境認識はトレーニングすることで確実に上達するので明日から早速チャートを見て練習しましょう。

いや、明日からでは遅いですね。

この記事を読み終わった瞬間からアプリを開きチャートを見てください。

そうすればあなたのトレードスキルは、もうすでに上達しています。

ちなみにチャートを4分割に表示できるFXアプリはLIONFXを使用しています。

まだ使ったことない方はこちらから口座開設をどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました