FXのロットとは?超初心者のために解説【面倒な計算はしないでOK】

FXロットとは知識・ルール

FXのロットについて良くわからない。トレードを始めてみたけど自分の資金に応じたロット数が知りたいと悩んでいませんか?

そんな方のためにロット数を簡単に計算できるツールを使った計算方法を解説します。時間は2分もかかりません。

もし、ある程度トレードをしていて必要ロットをもう知ってる人でも、この記事を読むことをおすすめします。

理由は適正なロット数でトレードすればリスクを少なくし、9割が退場してくFXの世界で生きながらえることができるからです。

自分の資産にあったロット数でトレードすることは手法を固めるより重要なことです。

そして記事の最後には計算すら必要ない初心者にぴったりの適切なロット数をズバリ教えます。

この記事を書いている私はトレードをツイッターで全公開し、投資歴も10年以上やっているのである程度の信頼性が担保できています。

それでは本記事では下記の内容を解説します。

FXの ロット(Lot)とは?

FXのロットとは基本取引量のことです。

取引量はFX会社によって違う

基本的には下記の通り。

  • 国内業者:1ロット=1,000通貨
  • 海外業者:1ロット=100,000通貨

「1ロット」といっても取引量が違うので注意が必要です。

国内業者はヒロセ通商【LION FX】 など、ほとんどの業者が1,000通貨単位のトレードとなっています。

一部SBI証券は1通貨からのトレードで、 DMM.com証券 は10,000通貨でのトレードができます。

1通貨からでトレードしている場合は1ロット=1通貨となります。

海外業者は1ロット=100,000通貨が多いです。例えば1000通貨で取引したい場合は0.01ロットとなります。

各社バラバラですが、国内業者で一番多く採用しているのは1,000通貨になります。

YJFX!では1ロットの標準注文単位を選択できる

YJFX! では1ロットの標準注文単位を下記の通り×1,000、×10,000で選択します。

ロットの切り替え

なぜロットという表現を使うのか?

キロなどの単位としての意味があるためロットという表現を使います。10,000通貨とか、100通貨になるとゼロが多く管理が大変だから「ロット」を使用します。

文章で表現するときにも

  • 当社の1ロットあたりの証拠金は4万円になります。
  • 当社の1,000通貨の証拠金は40,000円になります。

①のほうがすっきりします。管理しやすく見やすい方法ということになります。

ただ、FX初心者にとっては紛らわしいことにはかわりません。

上記の通り、いろいろと条件によって1ロットの数量は変わります。

しかしながら、そうなるとすこしややこしいので、国内業者でトレードする人で最初のうちは
1ロット=1000通貨と覚えておけばOKです。

この先は1ロット=1000通貨で話を進めていきます。

1ロットはいくらになる?

1ドル100円とすると1000通貨×100円なので1ロットは10万円分の取引となります。

為替は常に変動しているので1ドル120円となれば1000通貨×120円となり1ロットは12万円分の取引となります。

同じ米ドル/円でも1ドルの価格によって1ロットあたりの金額は変動します。

次にポンド円についても考えてみます。

1ポンド140円とすると1000通貨×140円となり14万円の取引です。

通貨が変われば価値が変わるので1ロットあたりの金額は変わる

1ロットで1pips動いたらいくらの損益になる?

1pips動きたときは10円の変動です。

1pipsとは
米ドル/円では「1pips=0.01円(1銭)」
ポンド/米ドルでは「1pips=0.0001米ドル」

数字では分かりにくいので画像で説明します。

現在ドル円(USD/JPY)は108.406円。1pipsは 下2桁目「0」の部分になります(画像オレンジ下線)

ボンド米ドル(GBP/USD)は1.31381。1pispは下4桁目「8」の部分です’(画像ピンク下線)

次に為替が動いた場合、ロットごとでいくら動くかを表にしました。

1pips10pips100pips
1ロット10円100円1,000円
10ロット100円1,000円10,000円
100ロット1,000円10,000円100,000円

ちなみにドル円の場合100pipsは1円の変動幅と同じです。

ドル円が100pips動くことはあまりないので1ロットで1,000円くらいの変動ならお小遣いでもトレードできます。

資金に応じたロット数を計算したい

取引できる資金が10万円なら5ロットが適正です。

国内の業者はレバレッジが最大25倍までかけれますが25倍はやりすぎで初心者なら5倍以内が適正です。

レバレッジとは
FXの最大の特長は、担保となる手元の資金(取引保証金)に「レバレッジ」をかけて、何倍もの金額の外貨を取引できることです。 普通なら、10万円の資金(取引保証金) であれば10万円分の取引しかできないはず…しかし10倍のレバレッジを使うと、取引できる金額が10万円の10倍、つまり100万円となります!レバレッジをかけると、手元の資金(取引保証金)の何倍もの金額を取引できるのです。これがレバレッジの特長です。

外為どっとこむ

ここでは自己資金に応じた適切なロット数を計算していきます。

ヒロセ通商のFXロット数計算ツールを使います。

ヒロセ通商計算ツール

上から記入例を解説していきます。

・口座:個人でOK
・通貨ペア:トレードしたい通貨を選びます。とくに決まっていなければUSD/JPYを選択
・売買:どちらでもOK
・入金額:自己資金を入力します。例では10万円
・取引数量:1ロット
・新規注文レート:現在レートのボタンを押す
・決済レート:未入力でOK

最後に計算するのボタンを押します。

レバレッジ部分が5倍以内になるように取引数量(ロット数)を調整します。

例では5ロット(5000通貨)で5.41倍なので、適正ロット数は5ロットということになります。

レバレッジが5倍はすこし低いのではと考える人もいますが、それは欲張りすぎです。

億トレーダーのAkiさんも5倍くらいのレバが妥当という見解です。Akiさんを知らない人はこちらを参照。

億トレーダーAkiが使う手法・通貨とは【とてもシンプルなのですぐにマネできます】

相場で稼ぎたいと思い高いレバレッジでトレードしたいと思います。

しかし初心者のうちに考えるべきは資産を減らさないことです。

そのためレバレッジは5倍くらいが適正となります。

初心者のおすすめロット数は?

初心者におすすめロット数は1ロットです。

1ロットは最小単位で負けても数千円で済むからです。

もう一度表を見てください。

1pips10pips100pips
1ロット10円100円1,000円
10ロット100円1,000円10,000円
100ロット1,000円10,000円100,000円

1ロットでトレードした場合、100pips(1円)変動しても千円しか動きません。

ロット計算ツールを使い資金に応じたロット数でトレードしても良いですが、計算ツールを使わずズバリおすすめのロット数は1ロットになります。

しかし1ロットでトレードを始めると資金の増減が少なく物足りないかもしれません。

ただし、先ほども書いた通り資金を飛ばさず守ることが大切なので安全にトレードをすることをおすすめします。

最小の1ロットで半年くらい実践を重ねそこで勝てるようになってから、レバレッジを上げたり運用資金を増やし利益を増やしましょう。

FXはすぐに口座開設ができ、誰でも手軽に始められるのでいきなり高レバレッジでトレードし退場する人が後を絶ちません。

そうならないためにも1ロットからコツコツ始めることをおすすめします。

1ロットトレードするのに必要な金額は?

先ほどのツールをもう一度使います。

5万円からはじめるFX

取引数量を1ロットにします。

そして入金額を5万円にします。

ドル円なら証拠金は4400円。

レバレッジは2.16倍となり比較的安心なので5万円あれば1ロットでトレードできます。

まとめ

ロットに対する不安は解消されましたか?

1ロットと言ってもFX会社によって1000通貨だったり1万通貨だったりと、すこし紛らわしい表現なので初心者にはわかりにくくなっています。

しかし国内業者で一番多く採用しているのが1,000通貨なのでまずは1ロット=1,000通貨と覚えても問題ありません。

もしあなたがFXを一度もやったことがなければ DMM.com証券 のデモトレードから始めてみてください。チャートが見やすく発注機能も多いので練習にはぴったりのFX業者になります。

また、ロットの計算が不安という場合は便利なツールがあります。

このツール( FXロット数計算ツール )を使えば2分くらいで簡単に算出することができます。

さらに、ロットの計算が面倒な人は最小ロットである1ロットからのトレードをおすすめします。

1ロットだと刺激が足りずにロットを増やしたいと、たいていの人は思います。

ただ、意外と忘れがちですがFXはプロが争う修羅場なのです。

野球で例えるならプロ野球選手にいきなり素人が勝負するようなものです。

勝ち目がないのは明らかなのにFXでは妙に自信が出たりするものです。

そしてそんな自信はすぐにFXのプロたちに食いつぶされへし折られます。

へし折られることは成長するために必要なことなので構いませんが、数回で退場してしまうことが問題となります。

それを回避するために自分の適正ロットを導き出し、最小ロットでのトレードをおすすめします。

最小ロットなら負けても数千円で済みますからね。

何度でも立ち直りプロに挑むことが可能となります。

この記事をきっかけに、もう一度ロットについて考え一緒に最後まで相場に残ることを心掛けましょう。

【PR】5万円からトレードが始められるので興味がある人はこちらから口座開設をどうぞ。

国内口座数No,1 DMM FX
便利なツールを提供 LION FX
タイトルとURLをコピーしました